今新たに知りたい日本酒マナー「日本酒を贈る」

 

お酒好きの方にお酒を贈る。
よくありますな。
でも実はこれ、案外難しいことなのである。
なぜなら、お贈りするお相手の「お好み」がわからないまま、贈り手の想像や都合のみで商品を選ぶと、好みの味じゃないことがあり喜んでいただけない、結果気持ちが伝わらないなどということがあるからだ。
もちろん、お相手のお好みがばっちりわかっている場合は問題ない。が、現実的にそういうことってあまりないんじゃないだろうか。むしろどちらかといえば、贈り手のほうが知識不足で、もらうほうがマニア的な知識をたっぷり持っているなどいうことの方が多いかもしれない。思い当たる節、あるでしょ?
そう、日本酒に限らず、焼酎もワインも含め、嗜好品中の嗜好品であるお酒をプレゼントするのは実に難しく勇気さえいることなのである。
だからお酒を贈るのはやめておきましょう。
はい、今日のコラムはおしまい。

 

 

・・・としたいところだけど、どうしてもお酒を贈りたいという場合、どうしたらいいか考えてみよう。

1、 お相手のお好みを探る。
とにかくこれ。一緒にお酒を飲むときなどにさりげなくリサーチするのだ。「そんなこと気にしたことがない」とか「一緒に飲める相手ではない」と言う場合は、お相手の食生活などを聞いてみるのもいい。あさっり系が好みか濃厚系が好みか、和食が好きか洋食が好きか。味わいの濃淡に合わせお酒の味を決めるのもいい。
それと、いっそ、率直に「どういう味がお好みか」を聞いてみるのも手。そんなの無理と言うお相手の場合は嗜好品を贈るべきじゃないだろう。

2、 相談にのってくれる親切なお店で購入する。
味わいが決定したら、セレクトを一緒にしてくれるお店で購入しよう。味が軽い、癖がない、香りが高い、飲みやすい、コクがある、大吟醸、生酒、純米・・・・などなどたとえ知識がなくてもイメージを伝えることで、それに近い商品を選んでくれる優れたアドバイザーが必要だ。もちろん値段も。商品を並べただけの店や説明不足のネット購入はNG。

3、 お酒に説明を添える。
購入した際は、ぜひ、お酒の説明を添えよう。お酒の特徴や楽しみ方(これらはお店の人にアドバイスをもらえばいい)はもちろんのこと、なぜこのお酒を選んだのかもぜひ書き添えたいところ。もし味が好みじゃなかったとしても気持ちは伝わる。手書きだとなおいいかも。ちょっとした手間だけどお忘れなく。

4、 一緒に飲む。
一番いいのはプレゼントして一緒に飲むことだ。お酒は一緒に酌み交わすことができる。お酒のプレゼントとは本来こういう贈り方のほうがいいのだ。一緒に飲んで、美味しい、美味しくない、もっと○○○○のほうがいい、いやこのつまみと一緒ならうまい、よしでは我が家のとっておきを出そう、などと話が弾む。たとえ好みじゃなかったとしてもいい思い出になるものだ。

 

さて、いかがだろう。あなたもお酒、贈る気になっただろうか。
今は新酒がおいしい季節。「旬の酒」「今しか飲めない酒」も贈る価値のあるものだろう。
だがしかしでもBUT・・・、
私は新酒じゃなくてひと夏寝たような落ち着いたタイプが好きだけどね。
ほらね、心を込めて贈ってもこんなこと言うヤツいるからね。ここに・・・。

 

 

 

 

この記事をみんなに教える

この記事のアドレス
SNS/ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
2015年2月13日
友田晶子
ソムリエ/
トータル飲料コンサルタント
(ワイン・日本酒・焼酎・ビール・カクテルなどお酒と食に関する専門家)

米どころ酒どころ福井県に生まれる。
現在、業界20年以上のキャリアと女性らしい感性を活かし、酒と食に関する一般向けセミナー、イベントの企画・開催、輸入業者や酒販店・料飲店・ホテル旅館などプロ向けコンサルティングを行っている。
ページの先頭に戻る