焼酎、「混和焼酎」ってなに?

 

焼酎ヘビーユーザーの方は、きっと、パック入りの焼酎を買われるだろう。家飲みでお手頃に楽しめてありがたい商品だ。
そんなパックの表示を見てみると「甲乙混和焼酎」とか「甲類乙類焼酎」をかかれていることがある。
あまり聞いたことはなく、読みにくく、ほとんど意味の分からない言葉で、気にしたこともないかもしれないけれど、実はこれちょっと重要な専門用語なのだ。
焼酎には、大きく分けると2種類ある。
「単式蒸溜焼酎」と「連続式蒸留焼酎」
「単式」は、昔ながらの造り方で、一度のみの蒸溜しか行わず、原料の風味が生きたタイプに仕上がる。以前は「乙類焼酎」と呼ばれていた。
「連続式」は、明治に入ってからのいわゆる近代手法で、連続して何回も蒸溜するので、よりピュアな純アルコールに近いタイプになる。無色透明でほとんど香味がないので、ホワイトリカーとも呼ばれ、梅酒などのベースになることも多い。以前は「甲類焼酎」と呼ばれていた。

で、「混和」とは、この二つをブレンドして造ったものを指すのだ。
ブレンド比率の多いほうが先に表記され、甲類が多いと「甲類乙類混和焼酎」とか「甲乙混和焼酎」、乙類が多いと「乙類甲類混和焼酎」とか「乙甲混和焼酎」と書かれる。
とはいえ、「乙甲」は少ないかもしれない。
乙類の癖のある香味を抑え気味に取り入れ、甲類のすっきり癖のない軽快な味を前面に出したいという考えのもと生まれた商品群で、家飲みで毎日飽きずに飲みたいという人にはまさにぴったりなのだ。
個性派の乙類もブレンドされているので、ただ癖がないだけではなく、華やかさやコク、後味の香ばしさなどがほんの少し加味され、ファンも多い。

乙甲は少ない?

ちなみに「乙甲混和」が少ないのはなぜか?
それは、個性派の乙類焼酎に無個性な甲類焼酎を少し加えてもあまり香りや味わいが変わらず意味がないから造らないということと、乙類は、なにも甲類をブレンドしなくても乙類だけですっきり軽快な造り方をすることができるからだ。
それは、「減圧蒸留」。
蒸溜を「気圧を下げた状態」で行う方法で、出来上がる焼酎は、スッキリと軽快で癖がなく飲みやすくなる。もちろん乙類焼酎の原料の個性派なくならない。
ちなみに通常の気圧で行う方法を「常圧蒸留」という。
くわしくはこちら「焼酎マニアをきどるなら、常圧減圧を語るべし」を見てね。

 

さて、人気の「混和焼酎」には『かのか麦』『かのか芋』『麦小路』『むぎのか』『こいむぎ』『はないも』『芋盛り』などちょっと名前が似ている焼酎たち。
その他人気の紫蘇焼酎『鍛高譚』や昆布焼酎も『黄金譚』もこのタイプ。意外でした?
お手頃価格もうれしい商品たち。チャンスがあれば試してみてね。
ちなみに、焼酎は「糖類0%、プリン体も0%」ですよ、お父さん!

 

 

 

 

 

 

この記事をみんなに教える

この記事のアドレス
SNS/ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
2014年9月6日
友田晶子
ソムリエ/
トータル飲料コンサルタント
(ワイン・日本酒・焼酎・ビール・カクテルなどお酒と食に関する専門家)

米どころ酒どころ福井県に生まれる。
現在、業界20年以上のキャリアと女性らしい感性を活かし、酒と食に関する一般向けセミナー、イベントの企画・開催、輸入業者や酒販店・料飲店・ホテル旅館などプロ向けコンサルティングを行っている。
ページの先頭に戻る