新じゃがで、しゃきしゃき簡単サラダ

新じゃがいもが出回るシーズンになった。春に収穫される小ぶりで、皮が薄くちょっぴり柔らかいジャガイモ。意外にもビタミンCがとっても多く、熱を加えても失われにくいところが、えらいっ!のだ。水分が多い新じゃがは、サラダにしようと思う。激カンタンな基本の新じゃがサラダを覚えておけば、アレンジもいろいろできるし、何か一品というときにも手間なく作れて超便利。それに、日本酒にも焼酎にもワインにもビールにも、ぴったりんこにいい相性なのだ。

 

新じゃがのしゃきしゃき簡単サラダ

【材料】(二人分~3人分)

●     新じゃが芋・・・・・・・・・・・・・・小ぶりなもの5個

●     お酢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2杯程度

●     マヨネーズ・・・・・・・・・・・・・・大さじ1杯程度

●     和芥子・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1程度

●     黒胡椒・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜

●     塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜

 

 

【作り方】

1、新じゃが芋は皮を向いて、マッチ棒か爪楊枝くらいの細さに切って、水にさらしておく。

2、少量の塩を入れたお湯で1を煮る。細めのものがさっくりしたらOK。ポイントはしゃきしゃきとした歯ざわり。茹ですぎは禁物。

3、2の水気をしっかり切り、温かいうちにお酢をかけまわししっかりと酸味をつける。

4、続いて、芥子とマヨネーズを加え、しっかり味をつけ、盛り付けてから黒胡椒をふりかけ出来上がり。

 

【ポイントとアレンジ】

1、とにかくしゃきしゃきがポイント。茹ですぎないこと。とはいえ、新じゃがは、茹でてもホックリとはならないので、多少茹で過ぎでも大丈夫。

2、もうひとつの隠れたポイントは、和芥子。マスタードでも洋芥子でも唐辛子でもなく、和がいい。しっかりと辛味があって余分な風味が少ないから。

3、マヨネーズは、意外なことに、ジャガイモの風味をぐっと引き立ててくれる。

4、なにより、お酢をたっぷり使うこと。これも大切なポイント。↑のレシピより多くてもいい。新じゃがのさわやかさがこれまた引き立つよ。

5、お酢&マヨネーズ以外には、ポン酢&鰹節が人気。ぐっと和風路線に。

 

アレンジ簡単、だけど、まずはシンプルに春の滋味を楽しむべし

簡単でアレンジもしやすいしゃきしゃきサラダ。この作り方だと、日本酒も焼酎もワインもビールも、ハイボールにだって合う。上記のレシピだと新じゃが芋の独特な土の風味や滋味が味わえる。たまねぎを入れたり卵やチーズ、ハム類を入れるのもいいけれど、まずは新じゃがのみで作ってみよう。春の味わいを十分に感じることができるはずだから。

 

 

 

 

この記事をみんなに教える

この記事のアドレス
SNS/ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
2012年3月26日
友田晶子
ソムリエ/
トータル飲料コンサルタント
(ワイン・日本酒・焼酎・ビール・カクテルなどお酒と食に関する専門家)

米どころ酒どころ福井県に生まれる。
現在、業界20年以上のキャリアと女性らしい感性を活かし、酒と食に関する一般向けセミナー、イベントの企画・開催、輸入業者や酒販店・料飲店・ホテル旅館などプロ向けコンサルティングを行っている。
ページの先頭に戻る